1p
トップ > ゲノムとは > 【2023年】最新!大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、治療薬、オプジーボ、キイトルーダ、ヤーボイ)

【2023年】最新!大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、治療薬、オプジーボ、キイトルーダ、ヤーボイ)

はじめに

大腸がんとは、大腸(結腸・直腸)に発生するがんで、正常な粘膜から直接発生するものと、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものがあります。

大腸(結腸・直腸)
出典:がん情報サービス

大腸がんの治療薬には、「抗がん剤(細胞障害性抗がん薬)」「分子標的薬」「免疫チェックポイント阻害薬」の3種類があります。

大腸がんの薬物療法は、主に「抗がん剤」となっています。基本となる薬剤は、フルオロウラシル(5-FU)で、他の薬と組み合わせて使用されることも多いです。5-FU(点滴)とレボホリナート(l-ロイコボリン、アイソボリン)にオキサリプラチンを組み合わせるフォルフォックス(FOLFOX)療法、あるいはイリノテカンを組み合わせるフォルフィリ(FOLFIRI)療法の2つの療法が柱となっています。

「分子標的薬」には、点滴のアバスチン(ベバシズマブ)、サイラムザ(ラムシルマブ)、ザルトラップ(アフリベルセプト)、アービタックス(セツキシマブ)、べクティビックス(パニツムマブ)、それに飲み薬のスチバーガ(レゴラフェニブ)などがあります。

「免疫チェックポイント阻害薬」には、オプジーボ(ニボルマブ)、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)などがあります。

分子標的薬の一覧

一般名 商品名 分類 効能または効果
先発医薬品 後発医薬品
分子標的薬 ラムシルマブ サイラムザ ヒト型抗VEGFR-2モノクローナル抗体 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
ベバシズマブ アバスチン 抗VEGFヒト化モノクローナル抗体 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
アフリベルセプト ザルトラップ VEGF阻害剤 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
セツキシマブ アービタックス 抗ヒトEGFRモノクローナル抗体 RAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
パニツムマブ べクティビックス KRAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
レゴラフェニブ スチバーガ キナーゼ阻害剤 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

免疫チェックポイント阻害薬の一覧

がん細胞には、リンパ球などの免疫細胞の攻撃を逃れる仕組みがあります。そこで、免疫チェックポイント阻害薬は、その仕組みを解除して、免疫細胞の攻撃を有効にします。

一般名 商品名 分類 効能または効果
先発医薬品 後発医薬品
免疫チェックポイント阻害薬 ニボルマブ オプジーボ ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体 がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌
ペムブロリズマブ キイトルーダ 治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌
イピリムマブ ヤーボイ ヒト型抗ヒトCTLA-4モノクローナル抗体 がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌

結局、いくら払うのか?

大腸がん新薬の治療費一覧

姉妹サイト

遺伝子の基本

遺伝子とは ゲノム・DNA・遺伝子の違い

ゲノム創薬の基本

ゲノム創薬とは ゲノム創薬の種類 ゲノム創薬の成功例・実用化 ゲノム創薬の将来 ゲノム編集

ゲノム創薬の実際

がん分子標的薬とは がん分子標的薬の一覧 がん免疫チェックポイント阻害薬とは 免疫チェックポイント阻害薬の治療費一覧 がん新薬の治療費の自己負担額

がんの治療薬

肺がんの分類と治療方針 肺がん治療薬一覧 肺がん新薬治療費一覧 胃がん新薬一覧 胃がん新薬の治療費一覧 乳がん新薬一覧 乳がん新薬の治療費一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬の治療費一覧 肝細胞がん新薬一覧 肝細胞がん新薬の治療費一覧 膵臓がん新薬一覧 膵臓がん新薬の治療費一覧 悪性黒色腫の新薬一覧 悪性黒色腫の新薬の治療費一覧 前立腺がん新薬一覧

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.