1p
トップ > ゲノムとは > 【めちゃ簡単に】ゲノム創薬の成功例・実用化(ゼルボラフ、オプジーボ、ヘムライブラ、グリベック、イマチニブ)

【めちゃ簡単に】ゲノム創薬の成功例・実用化(ゼルボラフ、オプジーボ、ヘムライブラ、グリベック、イマチニブ)

ゲノム創薬の成功例・実用化

新薬の一覧

分子標的薬 免疫チェックポイント阻害薬

共同プロジェクト

2015年8月、武田薬品工業など日米欧の13社の医薬品メーカーが、ゲノム創薬の開発で、共同プロジェクトを立ち上げました。一方、がんの新薬が、実用化されるようになって来ました。2015年2月に、中外製薬は、皮膚がんの治療薬「ゼルボラフ」を発売。悪性黒色腫患者の約半数が、「BRAF」という遺伝子に異常があり、それを標的にしています。

共同プロジェクト

オプジーボ

2014年、小野薬品工業の「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」が、世界初の「抗PD-1抗体」として、悪性黒色腫に対して、日本で承認されました。オプジーボは、ヒトの免疫に関するT細胞の「PD-1」という受容体に、がん細胞に発現する「PD-L1」抗体が結合するのをブロックして、免疫の働きにブレーキがかかるのを阻害する薬です。

オプジーボ

従来の「タキソテール」という抗がん薬と比較して、高い効果があることが分かりました。

比較

ヘムライブラ

2018年5月、中外製薬の発売した血友病治療薬「ヘムライブラ」が、ブロックバスター(圧倒的売上を誇る新薬)となりました。この薬は、バイスペシフィック抗体と呼ばれ、Yの字の抗体の左右で異なる抗原と結合する抗体医薬品です。その結果、血液凝固第VIII因子の代わりとなって働くことができます。

ヘムライブラ

グリベック

「グリベック(一般名:イマチニブ)」は、慢性骨髄性白血病(CML)という血液のがんに対して、高い効能を持つ薬です。

映画『薬の神じゃない!』

映画『薬の神じゃない!』は、2018年に中国で公開されて、大ヒットした映画です。これは、がん治療の高額な薬「イマチニブ」を巡って起こった実際の事件を基にしています。

上海で、男性向けの回春薬を売る小さな店主チョン・ヨン(程勇)は、店の家賃さえ払えず、妻にも見放され、人生の目標を見失っていた。ある日、「血液のがん」である慢性骨髄性白血病患者リュ・ショウイー(呂受益)が店に訪れる。国内で認可されている治療薬は非常に高価であるため、安価で成分が同じインドのジェネリック薬を購入してほしいという依頼だった。最初は申し出を断ったものの、金に目がくらんだチョン(程)は、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染め、より多くの薬を仕入れるため、購入グループを結成する。依頼人のリュ(呂)を始め、白血病患者が集まるネット上コミュニティの管理人で、自身も白血病の娘を持つポールダンサーのリウ・スーフェイ(劉思慧)、中国語なまりの英語を操るリウ牧師(劉牧師)、力仕事が得意な不良少年のボン・ハオ(彭浩)が加わり、事業はさらに大きく拡大していく。しかし、警察に密輸として目をつけられ始め、いったんはグループを解散したチョン・ヨン(程勇)たちだったが、薬を絶たれた患者たちの悲痛な叫びに決意を固める。患者の負担を軽くするため仕入れ値以下の価格で薬を売り、あえて危険な仕事を続ける彼に待ち受ける結末とは……。


姉妹サイト

遺伝子の基本

遺伝子とは ゲノム・DNA・遺伝子の違い

ゲノム創薬の基本

ゲノム創薬とは ゲノム創薬の種類 ゲノム創薬の成功例・実用化 ゲノム創薬の将来 ゲノム編集

ゲノム創薬の実際

がん分子標的薬とは がん分子標的薬の一覧 がん免疫チェックポイント阻害薬とは 免疫チェックポイント阻害薬の治療費一覧 がん新薬の治療費の自己負担額

がんの治療薬

肺がんの分類と治療方針 肺がん治療薬一覧 肺がん新薬治療費一覧 胃がん新薬一覧 胃がん新薬の治療費一覧 乳がん新薬一覧 乳がん新薬の治療費一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬の治療費一覧 肝細胞がん新薬一覧 肝細胞がん新薬の治療費一覧 膵臓がん新薬一覧 膵臓がん新薬の治療費一覧 悪性黒色腫の新薬一覧 悪性黒色腫の新薬の治療費一覧 前立腺がん新薬一覧

引用文献

  1. 中外製薬
  2. みんなのバイオ学園
  3. 日本株と投資信託のお役立ちノート
  4. テラのがん免疫療法情報ガイド
  5. CMLステーション
  6. 講談社ブルーバックス
  7. 中外製薬

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.