1p
トップ > 資産運用 > おすすめ投資信託 > おすすめ投資信託銘柄の詳細情報

おすすめ投資信託銘柄の詳細情報

はじめに

おすすめ投資信託銘柄の詳細情報です。

目次

  1. おすすめ投資信託ランキング:安定志向
  2. おすすめ投資信託ランキング:テーマ型
  3. おすすめ投資信託ランキング:ブルベア型
  4. おすすめ投資信託ランキング:アラカルト
  5. 過去のおすすめ投資信託
  6. 姉妹サイト

おすすめ投資信託ランキング:安定志向

比較的、安定している投資信託のランキングです。

もしやるなら、長期投資が向いているでしょう。

下記のハイリスクの銘柄と組み合わせて、運用すると良いでしょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)【安定性】

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

【運用会社】:三菱UFJ国際投信

【運用方針】:主として「外国株式インデックスマザーファンド」、「新興国株式インデックスマザーファンド」および「日本株式インデックスマザーファンド」への投資を通じて、日本を含む先進国および新興国の株式等(DR(預託証書)を含む)に投資し、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行う。原則、為替ヘッジは行わない。

おすすめ理由

全世界の株式なので、分散投資ができます。

注意点

為替ヘッジがないので、円高になると利回りが低下します。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)【安定性】

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

【運用会社】:三菱UFJ国際投信

【運用方針】:「S&P500インデックスマザーファンド」への投資を通じて、主として対象インデックスに採用されている米国の株式に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を対象インデックスの変動率に一致させることを目的とした運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

色々なランキングサイトで上位に君臨しています。

注意点

為替ヘッジがないので、円高になると利回りが低下します。

インベスコ 世界厳選株式オープン<為替ヘッジなし>(毎月決算型)【分配金多い】

インベスコ 世界厳選株式オープン<為替ヘッジなし>(毎月決算型)

【運用会社】:インベスコ・アセット・マネジメント

【運用方針】:「インベスコ 世界先進国株式 マザーファンド」を通じて、日本を含む世界各国(エマージング国を除く)の株式のうち、独自のバリュー・アプローチによりグローバル比較で見た割安銘柄に投資する。MSCIワールド・インデックス(円換算指数)をベンチマークとする。原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

毎月150円くらいの分配金が得られます。

注意点

基準価格自体は、それほど伸びていません。

コメント

色々な銘柄を試してみて、上記の投資信託が、ベストだと結論づけました。

その理由は、チャートを見れば、明らかです。

そして、投資信託は、長期で持つことが推奨されています。

チャート

上図は、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の設定来のチャートですが、右肩上がりになっています。

投資するなら、こうした銘柄にすべきでしょう。

ちなみに、以下の「テーマ型」や「ブルベア型」は、長期のチャートが、とても良くない形状をしています。

投資するなら、決算発表の時などに、ピンスポットで、購入すると良いのでは?

おすすめ投資信託ランキング:テーマ型

テーマ型は、ニュースになったり、決算発表の時に、大きく上昇します。

あらかじめ、仕込んでおきましょう。

テーマレバレッジ EV2倍

テーマレバレッジ EV2倍

【運用会社】:大和アセットマネジメント

【運用方針】:主として、日本を含む世界の株式の値動きを享受する債券(円建)への投資を通じて、日本を含む世界の「EV(電気自動車)」関連株式(DR(預託証券)を含む。)に信託財産の純資産総額の2倍相当額を投資することにより、信託財産の成長をめざして運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

テスラなど、EVで躍進しそうな企業が名を連ねています。

注意点

約定日が、翌々営業日なので、早めに購入しましょう。

グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり)

グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり)

【運用会社】:日興アセットマネジメント

【運用方針】:主として「グローバル・フィンテック株式マザーファンド」を通じて、日本を含む世界の株式の中から今後の成長が期待されるフィンテック(FinTech。最新の情報技術を活用した新たな金融サービス)関連企業の株式を中心に投資を行う。個別銘柄の選定において、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(アーク社)からの助言をもとにポートフォリオを構築する。原則、為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

CBDCなどで、確実に伸びる分野です。

為替ヘッジありなので、円高になっても、利益が安定しています。

注意点

特になし

グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)

グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)

【運用会社】:三井住友DSアセットマネジメント

【運用方針】:「グローバルAIエクイティ・マザーファンド」を通じて、世界の上場株式(不動産投資信託も含む)の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資を行う。AIテクノロジーの開発のほか、AIの開発に必要なコンピューティング技術、AIを活用したサービス、ソフトウェア・アプリケーションの提供を行う企業等に投資を行う。原則として対円での為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

AIが、大々的に普及しています。

注意点

利益を出せるかどうかで、今後の命運が決まります。

グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジあり)

グローバル自動運転関連株式ファンド(為替ヘッジあり)

【運用会社】:三井住友DSアセットマネジメント

【運用方針】:主として「オートノマス・ビークル・ファンド(JPYヘッジドクラス)」への投資を通じて、世界の取引所に上場している株式(預託証書(DR)や上場予定を含む)から、自動運転技術の進化・普及により、業績拡大が期待される企業の株式に投資する。自動運転の実現に必要な技術を持つ企業に着目する。原則として対円での為替ヘッジを活用し、為替変動リスクの低減を図る。

おすすめ理由

自動運転車が、普及すれば、大きく飛躍する分野です。

注意点

まだ、利益が出にくい状況です。

おすすめ投資信託ランキング:ブルベア型

ハイリスク・ハイリターンのブルベア型の投資信託です。

長期保有も良いですが、短期売買の方が、効率が良いと言われています。

後述するように、ETFも活用して、機動力を身につけましょう。

NASDAQ100 3倍ブル【高リスク】

NASDAQ100 3倍ブル

【運用会社】:大和アセットマネジメント

【運用方針】:米国の株式市場の値動きを享受する債券(円建)、ETF、ETN、米国の金融商品取引所上場株式および店頭登録株式、米国の債券、国内の債券、「ダイワ・マネーポートフォリオ・マザーファンド」、米国の株価指数先物取引を主要投資対象とする。日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの3倍程度となることをめざして運用を行う。原則、為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

リターンがとても大きな投資信託。為替ヘッジも行います。一般的にブル・ベアの投資信託は、長期的に持つものではないようですが、中長期的に持っていても良いかも知れませんね。2024年末頃まで、ナスダックは、基本的には上昇方向になるでしょう。

注意点

NASDAQは、比較的不安定な値動きをします。

NYダウ・トリプル・レバレッジ【高リスク】

NYダウ・トリプル・レバレッジ

【運用会社】:大和アセットマネジメント

【運用方針】:米国の株価指数先物取引、米国の債券、国内の債券および「ダイワ・マネーポートフォリオ・マザーファンド」を主要投資対象とする。株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として、信託財産の純資産総額の3倍程度になるように調整する。為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

NYダウも含めて、3倍程度のリターンが得られます。

注意点

ハイリスク・ハイリターンの銘柄です。

S&P500・4倍ブル型ファンド【高リスク】

S&P500・4倍ブル型ファンド

【運用会社】:T&Dアセットマネジメント

【運用方針】:特別目的会社VAULT Investments plcが発行する「円建パフォーマンス・リンク債券」への投資を通じて、S&P500先物に投資し、日々の基準価額の値動きが米国の株価指数である「S&P500指数」における米ドルベースでの日々の騰落率の概ね4倍程度となる投資成果を目指す。原則、為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

ブルベアの投資信託では、異例の4倍のブルです。

S&Pは、利下げに向けて、上昇が見込まれるのではないでしょうか。

注意点

リセッションになると、厳しい結果になります。

NZAM・レバレッジ インド株式2倍ブル【高リスク】

NZAM・レバレッジ インド株式2倍ブル

【運用会社】:農林中金全共連アセットマネジメント

【運用方針】:主として国内の公社債等に投資するとともに、インドの株価指数先物取引を積極的に活用し、日々の基準価額の値動きが「Nifty50指数先物(米ドル建て)」の値動きの2倍程度となる投資成果を目指して運用を行う。投資する株価指数先物取引については、原則として「Nifty50指数」を対象とした先物取引とする。原則としてすべて対円での為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

インドは、人口世界一になって、インフラなどが盛り上がることが予想されます。

ITに関する人材が豊富で、ベンチャーが育つ風土があれば、化ける可能性はあります。

注意点

国内情勢が、混沌としており、企業が利益を出せる環境にはなっていないようです。

おすすめ投資信託ランキング:アラカルト

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなしコース【分配金多い】【将来性】

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなしコース

【運用会社】:ピクテ・ジャパン

【運用方針】:「ピクテ・バイオ医薬品マザーファンド」を通じて、高い成長が期待される世界のバイオ医薬品関連企業の株式に投資することにより、信託財産の積極的な成長を目指す。毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行う。原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

バイオ医薬品に対する将来性もありますが、この銘柄は、分配金がとても多いので、おすすめです。しかも、毎月決算型なので、毎月分配金がもらえます。

注意点

米国株が、もう少し下落する可能性もあります。しかし、徐々に上がってくるとみています。

東京海上・インド・オーナーズ株式オープン【分配金多い】【将来性】

東京海上・インド・オーナーズ株式オープン

【運用会社】:東京海上アセットマネジメント

【運用方針】:主として「東京海上・インド・オーナーズ株式マザーファンド」を通じ、インドの企業の株式等の中から、経営者が実質的に主要な株主である企業に投資する。銘柄選定に際しては、経営者のリーダーシップに関する定性分析を重視しつつ、企業の成長性・収益性に比較して割安であると判断される銘柄を選別する。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

まもなくインドの人口が、世界一になります。そのニュースをきっかけに、インフラ投資などが、再注目されるでしょう。さらに、インドは、IT関連の優秀な人材が多く、ITベンチャー企業が、隆盛を極めるかも。

注意点

投資するにはまだ早いかも知れませんね。

過去のおすすめ投資信託

過去のおすすめ投資信託のご紹介です。

これを選ぶ必要はありませんが、「おすすめ理由」や「注意点」を参考にしてみてください。

グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)【テーマ性】

グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)

【運用会社】:日興アセットマネジメント

【運用方針】:主として「グローバル・フィンテック株式マザーファンド」を通じて、日本を含む世界の株式の中から今後の成長が期待されるフィンテック(FinTech。最新の情報技術を活用した新たな金融サービス)関連企業の株式を中心に投資を行う。個別銘柄の選定において、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(アーク社)からの助言をもとにポートフォリオを構築する。原則、為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

各国の金融正常化により、銀行株が上昇しました。それにより、フィンテック関連の設備投資が見込まれます。さらに、今年くらいには、デジタル通貨の普及があるかも知れません。そうなると、フィンテック企業にとっては、書き入れ時となるでしょう。

注意点

今のところ、あまり良い運用成績ではないので、中・長期投資になるかも知れません。

Oneフォーカス AI【テーマ性】

Oneフォーカス AI

【運用会社】:アセットマネジメントOne

【運用方針】:「AI関連株式インデックス・マザーファンド」への投資を通じて、主として国内外の金融商品取引所に上場する(上場予定を含む。)AI関連企業の株式に投資する。「Solactive Global Artificial Intelligence Index(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)」に連動する投資成果をめざして運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

チャットGPTなどが話題になって、AIに注目が集まっています。

注意点

AIは、昔から流行り廃りがあるので、要注意です。

チャットAIは、間違った情報を答えてくることが多々あるので、下落する可能性も。

マニュライフ・米国銀行株式ファンド【高リスク】

マニュライフ・米国銀行株式ファンド

【運用会社】:マニュライフ・インベストメント・マネジメント

【運用方針】:「マニュライフ・米国銀行株式マザーファンド」を通じ、主に米国の銀行・金融機関の株式に投資。個別企業の調査・分析を重視したボトムアップ・アプローチにより、銘柄選択。資本構成、資産の質、経営陣の能力、収益率、流動性および金利感応度などを精査し、持続的な成長が見込めると判断される銘柄に投資。外貨建資産について、原則、為替ヘッジは行わない。

おすすめ理由

米国の地方銀行は、銀行破綻によって、大きく下げたので、今が仕込み時かも。

注意点

まだ下げる可能性も否定できません。

世界ツーリズム株式ファンド【テーマ性】

世界ツーリズム株式ファンド

【運用会社】:キャピタル アセットマネジメント

【運用方針】:主として、世界各国・地域の取引所に上場している旅行関連企業が発行する株式に投資し、信託財産の中長的な成長を目指す。銘柄選定にあたっては、スペインの大手運用会社であるGVC Gaesco社のアドバイスを受ける。原則、為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

各国とも、コロナが終息して、旅行業界が、復活してきました。まだまだ、需要は増えるでしょう。

注意点

再びのコロナ流行に備える必要があるでしょう。

SBI 日本株3.8ベアII【高リスク】

SBI 日本株3.8ベアII

【運用会社】:SBIアセットマネジメント

【運用方針】:国内の株価指数先物取引及び国内の短期公社債を主要投資対象とする。株価指数先物取引の売建玉の時価総額の合計額が、原則として、信託財産の純資産総額の3.8倍程度になるように調整することにより、日々の基準価額の値動きが国内の株式市場全体の値動きの概ね3.8倍程度逆となる投資成果をめざす。

おすすめ理由

日本株式が不穏な動きをしています。

黒田総裁が、金融緩和を続けると発言したのに、大きく下げました。

これから、円高の方向性にも向かっていくので、要注意です。

注意点

日銀のETF買いもあったり、国債も何かの手がうたれそうなので、下げ一辺倒にはならないかも知れません。

NASDAQ100 3倍ベア【高リスク】

NASDAQ100 3倍ベア

【運用会社】:大和アセットマネジメント

【運用方針】:米国の株式市場の値動きを享受する債券(円建)、ETF(上場投資信託証券)、ETN(上場投資証券)、米国の債券、国内の債券、「ダイワ・マネーポートフォリオ・マザーファンド」、米国の株価指数先物取引を主要投資対象とする。日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの3倍程度逆となることをめざして運用を行う。原則、為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

リターンがとても大きな投資信託。為替ヘッジも行います。景気後退で、株価が下がるなら、今が、仕込み時かも知れませんね。

注意点

NASDAQは、比較的不安定な値動きをします。

外国の投資信託の基準価格が決まるのは、翌営業日です。そのため、外国のブル・ベアを売買するよりは、国内のETFを売買することを推奨します。例えば、「2870 IFナス100Wベア」や「2869 IFナス100ダブル」などが、おすすめです。

野村サービス関連株ファンド(米ドルコース)【テーマ性】

野村サービス関連株ファンド(米ドルコース)

【運用会社】:野村アセットマネジメント

【運用方針】:「サービス関連株マザーファンド」を通じて、国内のおもてなし関連企業の株式を実質的な主要投資対象とする。企業選定にあたっては、小売業や百貨店・コンビニ、レジャー・旅行、運輸、食料品等のテーマを中心として、サービスや製品を通じて高い顧客満足度を提供する企業に着目。円建て資産について、デリバティブ取引を活用し、米ドルへの投資効果を追求する。

おすすめ理由

利回りが安定しています。

注意点

米ドルコースなので、円高になった時に、利回りが低下します。

新生・UTIインドファンド【将来性】

新生・UTIインドファンド

【運用会社】:新生インベストメント・マネジメント

【運用方針】:主としてモーリシャス籍の円建て外国投資法人「Shinsei UTI India Fund (Mauritius) Limited」のClass A投資証券への投資を通じて、成長性の高いインド株式に投資し、一部は「新生 ショートターム・マザーファンド」への投資を通じて、国内の短期公社債及び短期金融商品に投資する。原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

インド株は、アダニ財閥の影響で、低迷が続いていますが、そろそろ反騰の予感が。また、インドの潜在能力と産業の国内回帰などに期待できます。

注意点

まだ下がる可能性も。

日本債券ベアファンド(5倍型)【高リスク】

日本債券ベアファンド(5倍型)

【運用会社】:T&Dアセットマネジメント

【運用方針】:国内の長期債市場全体の値動きの5倍程度反対の投資成果を目標として運用を行う。主として円建ての短期公社債等の短期有価証券を中心に、コールローン等にも投資するとともに、国内の長期国債標準物(東証が仮の条件で設定した架空の債券)を対象とする国債証券先物取引の売建額が、原則として信託財産の純資産総額の5倍程度になるように調整を行う。

おすすめ理由

今後の日銀の政策は、金融引き締めになると思うので、長い目で見て、確実に大きなリターンを狙えるでしょう。

注意点

思いのほか、早くYCCの修正がありましたが、今後の展開は、時間がかかる可能性はあるでしょう。4月前後にまた一段の上昇があるかも。また、一旦利益が出ても、元に戻ってしまう傾向があるので、売り時には、注意しましょう。

iFreeレバレッジ ATMX+【高リスク】

【運用会社】:大和アセットマネジメント

【運用方針】:FactSet ATMX+指数の2倍の値動きを享受する債券(円建)、香港の株式(DR含む)、中国(香港含む)の株価指数に連動するETFおよびETN、中国(香港含む)の株価指数先物取引、国内の債券、「ダイワ・マネーストック・マザーファンド」を主要投資対象とする。日々の基準価額の値動きがFactSet ATMX+指数(香港ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざす。為替ヘッジあり。

おすすめ理由

中国株が、ゼロコロナを解除したくらいから、とても勢いが良いようです。今からだと、少し遅いような気もしますが、まだまだリターンは望めるのではないでしょうか。

注意点

中国と米国の半導体などの経済安保摩擦のようなものに発展すると痛いですね。

激しく上下するのに加えて、予想をしにくいという欠点があります。

フランクリン・テンプルトン・米国連続増配株ファンド(3ヵ月決算型)【分配金多い】

フランクリン・テンプルトン・米国連続増配株ファンド(3ヵ月決算型)

【運用会社】:フランクリン・テンプルトン・ジャパン

【運用方針】:主に「フランクリン・テンプルトン・米国連続増配株マザーファンド」を通じて、米国の金融商品取引所に上場し連続増配(原則10年以上)している企業の株式及び不動産投資信託等に投資し、配当収入の確保と信託財産の中長期的成長を目指す。財務の健全性や収益の安定性等に着目して組入銘柄を選定し、銘柄及び業種の分散等を考慮してポートフォリオを構築。為替ヘッジせず。

おすすめ理由

配当が、比較的安定・高額です。

注意点

基準価格が、割と下がることがあります。

メキシコ債券オープン(毎月分配型)【分配金多い】

メキシコ債券オープン(毎月分配型)

【運用会社】:三井住友DSアセットマネジメント

【運用方針】:「メキシコ債券マザーファンド」を通じて、メキシコペソ建て債券(メキシコの国債・政府機関債および国際機関債を中心に投資)を主要投資対象とする。原則として、対円での為替ヘッジは行わない。ペソ建て以外のメキシコの債券に投資する場合は、ペソ建てとなるように為替取引を行う。

おすすめ理由

日本とメキシコの金利差が大きい間は安泰。

注意点

日本の利上げ、メキシコの利下げなどにより、リターンが悪化する可能性も。また、円高になると、資産が目減します。

トルコ株式オープン【高リスク】

トルコ株式オープン

【運用会社】:SOMPOアセットマネジメント

【運用方針】:「トルコ株式マザーファンド」への投資を通じて、主にトルコ株式(DR(預託証書)含む)に投資。投資にあたっては、収益性、成長性、安定性等を総合的に勘案して銘柄選別を行う。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

とにかく上昇率がすごいです。年間を通して、140%くらい上昇していますし、地震が起きて以来、また勢いが増しています。

注意点

トルコの通貨が、不安定な動きをするかも知れません。

HSBC 中国株式ファンド(3ヶ月決算型)

HSBC 中国株式ファンド(3ヶ月決算型)

【運用会社】:HSBCアセットマネジメント

【運用方針】:「HSBC チャイナ マザーファンド」及び「HSBC 中国A株マザーファンド」を通じて、主に中華人民共和国の証券取引所(香港・上海・深セン)に上場されている株式もしくは同国の証券取引所に準ずる市場で取引されている株式、あるいは中国経済の発展と成長に係わる企業及び収益のかなりの部分を中国内の活動から得ている企業の株式に投資する。原則為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

ゼロコロナの解除で、中国経済が、再起動しそうです。

注意点

さらなる上昇は、なかなか難しいかも。

三菱UFJ 米国バンクローンファンド 通貨選択シリーズ<メキシコペソコース>(毎月分配型)

三菱UFJ 米国バンクローンファンド 通貨選択シリーズ<メキシコペソコース>(毎月分配型)

【運用会社】:三菱UFJ国際投信

【運用方針】:主に「ピムコ バミューダ バンクローン ファンド B - クラス Y (MXN)」を通じ、米ドル建てのバンクローン、公社債等に実質的に投資する。投資するバンクローン、公社債等は、原則として取得時においてCCC-格相当以上の格付けを取得しているものに限る。米ドル売り、メキシコペソ買いの為替取引を行う。

おすすめ理由

日本とメキシコの金利差が大きい間は安泰。

注意点

日本の利上げ、メキシコの利下げなどにより、リターンが悪化する可能性も。また、円高になると、資産が目減します。

インデックスファンドMLP(毎月分配型)

インデックスファンドMLP(毎月分配型)

【運用会社】:日興アセットマネジメント

【運用方針】:「インデックス マザーファンド MLP」を通じ、米国の金融商品取引所に上場されているMLP(主に米国で行われている共同投資事業形態のひとつ。原油や天然ガスなどのエネルギーインフラ関連事業に投資を行い、パイプラインや貯蔵施設の利用料などが収益源)やMLPに関連する証券に投資。S&P MLP 指数(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指す。為替ヘッジしない。

おすすめ理由

原油や天然ガスなどのエネルギーインフラ関連事業は、これからも安定的に成長すると予想。

注意点

為替ヘッジがありません。

三菱UFJ 米国債券オープン(毎月分配型)

三菱UFJ 米国債券オープン(毎月分配型)

【運用会社】:三菱UFJ国際投信

【運用方針】:米ドル建ての米国国債を主要投資対象とする。FTSE米国債インデックス(円ベース)をベンチマークとし、この動きを概ね捉えることを目指して運用を行う。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

安定して資産が増えています。

注意点

米国の利下げにより、上昇幅が小さくなります。為替ヘッジなし。

iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド

iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド

【運用会社】:ブラックロック・ジャパン

【運用方針】:商品(コモディティ)市場を代表する指数(S&P GSCIトータルリターン指数(円換算ベース))に連動する運用成果を目指す。効率的な運用を目的として、商品指数に連動する上場投資信託証券(ETF)への投資を行う場合がある。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

おすすめ理由

商品が再度上昇する可能性があるのではないかと思っています。

注意点

コモディティ価格は、不安定です。

DWS コモディティ戦略ファンド(年1回決算型)Aコース(為替ヘッジあり)

DWS コモディティ戦略ファンド(年1回決算型)Aコース(為替ヘッジあり)

【運用会社】:ドイチェ

【運用方針】:「DWS インベスト エンハンスト・コモディティ・ストラテジー(円ヘッジシェアクラス)」を通じ、デリバティブ取引等を活用し、世界の農産物類、エネルギー類、産業金属類、畜産物類、貴金属類をはじめとする幅広いコモディティのセクターに投資する。原則として保有外貨建資産について対円での為替ヘッジを行う。

おすすめ理由

コモディティに投資して、為替ヘッジがあるのは、楽天証券ではこれだけです。

注意点

コモディティは、一時の勢いを失っていますが、長い目で見れば、上がると思います。

姉妹サイト

投資信託の買い方・選び方 おすすめ投資信託を買ってみた リスクとデメリット AIの選んだ投資信託 投資信託の選び方 おすすめ投資信託 おすすめ投資信託の詳細情報

厳選リンク

投資勉強サイト

  1. 資産運用に関するサイト
    1. 資産運用先ランキング
    2. 年利ランキング
    3. 最新NISA解説
    4. 経済用語
    5. 経済トピック
    6. コラム
    7. 超実践!資産運用
    8. Olive
    9. 楽天銀行と楽天証券
    10. ヒトワカ
  2. 投資信託に関するサイト
    1. 投資信託の買い方・選び方
    2. おすすめ銘柄ランキング
    3. ブルベア型の投資信託のススメ
    4. 投資信託のリスク
    5. 情報源
    6. 投資信託のQ&A
  3. FXに関するサイト
    1. 初心者のFX投資勉強法
    2. スワップポイント利回り
    3. 為替介入ドキュメント
    4. 円高ドル安
  4. 株に関するサイト
    1. 初心者の株式投資勉強法
    2. かぶほり
    3. おすすめ銘柄
    4. 初心者は株を買うな?
  5. ETFに関するサイト
    1. ETF始め方・買い方
  6. ロボアドバイザーに関するサイト
    1. ロボアドバイザーはやめとけ
    2. 新NISAでロボアド
  7. 暗号資産に関するサイト
    1. 暗号資産(仮想通貨)とは

テーマ株のかぶほり

かぶほりトップ IT業界地図 金融業界地図 国策株式銘柄一覧 新テーマ株
IT関連
クラウドコンピューティング デジタルトランスフォーメーション(DX) テレワーク サイバーセキュリティ フィンテック ビッグデータ IoT 人工知能 メタバース NFT 暗号資産(仮想通貨)
医療関連
がん最先端治療 遠隔医療 在宅医療 オンライン診療
産業関連
防衛 脱炭素 ドローン ダイナミックプライシング 電気自動車充電器 メタンハイドレート マイナンバーカード 再生可能エネルギー 米(コメ) 災害対策 生体認証 無人店舗 サービスロボット シェアリングエコノミー スマート農業 サブスクリプション 都市鉱山 FX 蓄電池 小型原子炉(SMR) グリーントランスフォーメーション(GX) 空飛ぶクルマ
人関連
人材育成 人材紹介 障害者支援 リスキリング
テーマごとのおすすめ銘柄
エネルギー資源枯渇 資源の枯渇 食糧難 投資の国際化 ディフェンシブ銘柄 スタートアップ 円安

貯金と投資の割合

日本人の貯金と投資の割合 日本人年代別貯金と投資の割合 20代貯金と投資の割合 30代貯金と投資の割合 40代貯金と投資の割合 50代貯金と投資の割合 60代貯金と投資の割合 日本人の貯金が世界一は過去の話 世界のお金の流れ

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)とは おすすめの仮想通貨 イーサリアム取引所ランキング ビットコイン取引所ランキング

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.